ついに発表されたプレイステーション3。11月11日発売で、ハードディスクは標準搭載で2モデルの本体、20GBモデルが5万9800円(税込価格6万2790円)、60GBモデルがオープン価格。
 気になる仕様を見てビックリ!なんと廉価版(20GB版)には、HDMI端子、IEEE端子、無線LAN、メモリーカードスロットは付いてない模様。でも、ブルーレイの再生にはHDMI出力が必須なハズだよねぇ?DVD画質で観ろってこと?あれだけブルーレイだHDMIだって騒いでおいて何じゃそりゃって。買うなら上位版しかないのに、60GBモデルがオープン価格って上記のコストの計算(2万アップくらい?)も出来ないの?
 コントローラーに至っては「6軸検出システム」なるものを搭載ってWiiと一緒なようで振動機能の削除については説明()ナシですか?あと、ネットワークサービスもXbox Liveと似ているようで、ここまでくるとポリシーの欠片もありゃしないってか?ビジュアルメモリに合わせてポケットステーションを出したくらいだし任天堂も警戒するわけだよ。まぁ「勝つためには何でもやる」っていう意気込みだけは伝わりました、ハイ。“勝てば官軍”とは良く言ったもの、家電でシェアを落としただけに必死なのかな。ま、そんなところがソニースタイルって感じだけどね(^^;

公式サイト

ITmedia +D Games:PS3価格発表――発売日は11月11日に決定
GAME Watch:SCEI、「プレイステーション 3」11月11日発売。価格は62,790円!! コントローラも発表