ついに、発売された「Xbox One」シリーズのハイエンド本体の「Xbox One X」。

次世代機ではなく現世代機の高級機版といった位置づけで、スマホに例えるとわかりやすいかもしれない。

同じゲームでも高スペックの機械とレギュラーモデルとでは動きや反応が変わるみたいに…

ライバル機の「PS4」と「PS4 Pro」にも似ているよね。

この“Xbox One X”と“PS4 Pro”も将来を見据えた4KやHDRに対応しているが、気になる違いとすれば…

4KのUltra HD Blu-rayの再生は、“Xbox One X”で観れるが“PS4 Pro”では観れない

ゲームの4K画質も、“PS4 Pro”では2Kで作られたデータを4Kにアップスケーリングしているのに対し、“Xbox One X”だと4K用に作られたデータを使用しているのがはっきりと違うところだろう。

同じ値段で同じゲームを遊ぶなら、良い方がいいよね!?

しかも、4Kに対応したテレビを持っていなくても4Kのデータを2Kにダウンサンプリングして表示されるので、通常の“Xbox One”で遊ぶ2Kのゲームよりも綺麗な画質で遊べるのが嬉しいところ。

そして、今まで購入した互換されている過去の“Xbox 360”や“Xbox”のゲームも、新たに買い直すことなく「より綺麗に」、「より滑らかに」遊べるとなっては早くこの目で確かめたいっ!

Xbox One X:海外専門家による評価まとめ

高性能にこだわるマニア向けのゲーム機として、50,000円という価格をどう見るか?

仮に同じスペックのパソコンを探すとしたら15万円くらいかかるそうなので、気軽に4Kゲームを遊びたいゲーマーには打ってつけの製品だと思う。

だが悔しいかな…いまだに予約出来ていないという現実(/o\)

は、早く欲しい…